ホーム > 製品紹介 > トーイング/アンカーハンドリングウィンチ

トーイング/アンカーハンドリングウィンチ

近年は海底油田開発作業船に弊社の甲板機械が搭載されています。
海底油田の掘削基地であるリグ。その移動や設置、設置後の補給や各種作業に従事するサプライボート。
弊社はサプライボートの主力装備であるトーイング/アンカーハンドリングウィンチをはじめ、サプライボート用の各種甲板機械を製作しています。

海底油田開発作業船海底油田開発作業船

製品概要

トーイング/アンカーハンドリングウィンチ要目
  タイプ1 タイプ2 タイプ3
巻き込み荷重 2,452kN (250t) 2,940kN (300t) 3,430kN (350t)
ブレーキ保持力 3,922kN (400t) 3,922kN (400t) 4,410kN (450t)
巻き取りロープ Φ76mm×1,500m
ワイヤーロープ
Φ72mm×1,500m
ワイヤーロープ
Φ76mm×1,500m
ワイヤーロープ
ウィンチ重量 95t 95t 104t

このウィンチのブレーキ保持力はジャンボジェット(B747)5機分(ジェットエンジン20基分)の推力に相当します。

※ 現時点での実績によるものであり、ニーズに合わせた仕様が可能です。

製品例

設置前
  実際に設置
  工場内で調整中
設置前のトーイング/アンカーハンドリングウィンチ 実際に設置されたトーイング/アンカーハンドリングウィンチ 工場内で調整中のトーイング/アンカーハンドリングウィンチ
造船所で再組立されたトーイング/アンカーハンドリングウィンチです。
 幅 :5.8m
 高さ:5.0m
 奥行:7.5m
上の写真でその大きさがお分かりいただけますでしょうか?
点線枠内に人(身長180p)が立っています。
その後ろの白い建物がウィンチハウスで、この中にトーイング/アンカーハンドリングウィンチが設置されています。
リカバリーウィンチ(四角枠2つ)も搭載されています。
その上にあるのがストレージリールウィンチ(左右2つ)です。
組立完了後の運転調整を行っています。
いかにウィンチが大きいかがわかります。

 ページトップへ

搭載例:外洋型タグボート

外洋型タグボート概要
全 長 68.0m 全 幅 16.4m
軸 出 力 9,000kW 係止推力 1,500kN
ウィンドラス   キャプスタン・ストレージリールウィンチ
外洋型タグボート
写真提供:ジャパン マリンユナイテッド(株)様
外洋型タグボート
写真提供:ジャパン マリンユナイテッド(株)様
(前方より撮影)
 点線内にウインドラス1台が搭載
(後方より撮影)
 左点線内にキャプスタン2台が搭載
 右点線内にストレージリールウィンチ2台が搭載

 ページトップへ